SURFACE
TREATMENT

魅力ある表面づくりが叶える、製品の可能性。

表面づくりを通して、表面に必要となる機能を与えるのはもちろん、製品の大きさ、形状、重量まで変えることができないか。
3Dによるシミュレ一ションや表面の評価技術を駆使して、お客さまのニーズを超えた魅力ある表面づくりをグローバルでめざしています。

3つの魅力ある表面づくり

『強く』

『 強く 』

表面処理は製品が持つ力強さを向上させることができます。力強さが向上した製品は重量低減にもつながり、省エネルギー化までを実現します。力強さという名の安全をと省エネを金属製品に付与します。

『微細』

『 微細 』

電子部品や精密な部品は、今後、更に小型化・軽量化が求められていきます。微細な表面加工は、小型化・軽量化を実現するだけでなく、生産効率を高める次世代の加工技術です。

『機能』

『 機能 』

“なめらかな表面、すべらない表面”など、機能を満たすための表面性状を提供しています。様々な材質の表面が持っている魅力をさらに引き出すための表面性状がきっと見つかります。

表面づくりの7つの技術

1.とる

成形時に発生するバリの除去や、成形品に丸みを付ける技術です。

  • スケール落とし
  • 塗装剥離
  • 蒸着膜剥離
  • リン酸塩皮膜除去
  • 蒸着物落とし
  • メッキ剥離
  • 不純物除去
  • 錆落とし
1.とる

2.はがす

表面に付着したスケール、砂などの除去や、クリーニングを施す技術です。

  • バリ取り
  • カエリ取り
  • 鋳砂落とし
  • スパッタ除去
  • 離型剤除去
  • クリーニング
  • 錆落とし
  • 粉塵除去
2.はがす

3.あらす

対象の表面を粗らすことで、表面に凹凸を付ける技術です。

  • 面粗し
  • マット仕上げ
  • ディンプル加工
  • スプレー前の下地処理
  • 塗装前の下地処理
3.あらす

4.みがく

表面を磨きあげ滑らかにする、さらには光沢を付ける技術です。

  • 平滑研磨
  • 光沢研磨
  • 鏡面仕上げ
4.みがく

5.きたえる

表面に力を加えることで、各種金属製品の壊れにくさを高める技術です。

  • 疲労強度向上
  • 耐摩耗性向上
  • 応力腐食割れ性向上
  • 耐衝撃性向上
5.きたえる

6.けずる

さまざまな素材にミクロンレベルの穴あけや溝加工などを施す技術です。

  • 模様付け
  • 硬脆材料への穴加工
  • 溝加工
  • エッチング
6.けずる

7.みる

製品表面や製品内部の状態をさまざまな方法で評価する技術です。

7.みる
表面づくりの加工プロセス

ショットブラスト

ショットブラスト

モータでブレードを高速回転させ、その遠心力で投射材を投射する方式。広い面を効率よく処理できるます。

エアブラスト

エアブラスト

圧縮空気の力で投射材をノズルから噴射する方式です。局所的な処理に適しています。

バレル研磨

バレル研磨

処理製品と研磨材の入った槽に物理的な力を加えることにより、それぞれの相対摩擦にて研磨を行います。

ブラシ研磨

ブラシ研磨

ブラシを高速回転させ、毛材先端を処理製品に擦り付けることにより、エッジ仕上げを行います。

商品ラインアップ
  • ショットブラスト装置
  • エアーブラスト装置(サンドブラスト)
  • マイクロブラスト装置
  • 投射材
  • ピーニングメディア
  • バレル研磨機
  • メディア
  • コンパウンド

↑